Civilization

「偉大なる建設者」パック

Est. Read Time1 minutes, 26 seconds

「偉大なる建設者」パック*で、世界をよりよい形に再創造しよう。『シドマイヤーズ シヴィライゼーション VI』リーダーパス**に収録された6つのパックから第5弾が登場。

テオドラ(ビザンティン帝国)***

後にビサンティン皇帝となるユスティニアヌスの目に留まったテオドラは、女優をしていました。当時は高貴な身分にある男性に対し、女優との結婚を禁ずる法律があったため、ユスティニアヌスは法律を改訂。その2年後にユスティニアヌスが帝位に就き、テオドラも皇后として即位しました。テオドラは、その地位をもって女性の権利拡大に貢献し、エチオピア、シリア、エジプトで優勢になったキリスト教派を強化し、宗教政策にも力を注ぎました。 ユスティニアヌスとともに、現在まで複数の正教会から聖人として認められています。ゲーム内では、テオドラは文化力を重視しています。

新能力:偶像の再建

  • 聖地が隣接ボーナスに等しい文化力をもたらす。
  • 農場がヒッポドロームと聖地に信仰力の隣接ボーナスをもたらす。

世宗大王(韓国)****

朝鮮史上最も偉大な指導者の一人として広く認められている世宗大王は、科学を推進し、軍拡を図り、農民が各地から新たな技術を学ぶための書物を製作しました。また、ハングル文字を考案したことでも知られています。それまで朝鮮半島の言葉を表記する際に使用されていた漢字に取って代わり、今日においても使用される文字体系です。科学と音楽を愛する世宗大王は、自国より科学力と文化力が高い文明を嫌います。

新能力:ハングル

  • 新しい時代の最初の技術が完成すると、毎ターンの科学力の2倍の文化力を受け取る。
Sejong (Korea)

ルートヴィヒ2世(ドイツ)

バイエルンの王族に生まれた「狂王」ことルートヴィヒ2世は、若干19歳にして王位に就きました。バイエルン王国が独立を失いドイツ帝国に吸収されたのは、ルートヴィヒ2世の治世中のことでしたが、それ以上にこの若き王は建築を愛したことで知られています。精巧な城の建設に私財を投じて膨大な債務を背負い、さらにはそれが唐突な統治の終焉の一因にもなりました。その城は、今ではバイエルン州屈指の観光名所となっています。ルートヴィヒ2世のアジェンダ「永遠の謎」により、各都市に最大数の区域を持たない文明を好みます。

新能力:白鳥王

  • 未完成のものも含めて、遺産が隣接するすべての区域に文化力+2をもたらす。
  • 「城」の発見後は、文化力をもたらすすべての区域が観光力を産出する。
Ludwig II (Germany)

*「偉大なる建設者」のコンテンツをプレイするには、ゲーム本編とリーダーパスが必要です。

**『シドマイヤーズ シヴィライゼーションⅥ』リーダーパスのコンテンツをプレイするには、ゲーム本編が必要です。一部の指導者のご利用には、追加のDLCパックが必要です。リーダーパスはSteam、Epic、Mac App Store、iOSでの限定販売です。リーダーパスは『シドマイヤーズ シヴィライゼーションⅥ』コンプリート・エディションに収録されています。

***プレイには「ビザンティン&ガリア」パックが必要です。

****プレイには「文明の興亡」拡張パックが必要です。